韓国美女ゴルファーが続々 “第2のアン・シネ”他注目選手

3月29日(金)7時0分 NEWSポストセブン

ペ・ソンウの武器は正確なアイアンショット(Getty Images)

写真を拡大

 すらっと伸びた手脚、8頭身ボディ……今年の女子ゴルフは、かつての賞金女王イ・ボミ(30)に代わってブレイクが期待される韓国美女ゴルファーの新星が多数! 彼女たちの“素顔”とは──。


「あんな美女、いたっけ!?」


 ツアー第2戦「PRGRカップ」(3月15〜17日)で、一時首位に立った長身美女にギャラリーがどよめいた──今年からツアーに参戦したペ・ソンウ(25歳。166cm、59kg)だ。ペ・ソンウはQT14位。2015年から3年連続で4ツアー対抗戦「ザ・クイーンズ」韓国代表に選出され、昨年は韓国ツアー賞金ランク2位となった。武器は正確なアイアンショットだ。


「結果は6位タイに終わったが、昨年、韓国ツアーで賞金ランキング2位にもなるなど実力は折り紙つき。ファン対応も抜群で、韓国女子プロゴルフ協会が選ぶ広報モデルに2年連続で選ばれている。最大の魅力は愛くるしい笑顔で、本人は“スマイル・キャンディのようなニックネームが早く欲しい”と周囲に洩らすなど、日本での定着に前向きです」(ゴルフ誌担当記者)


 期待の新星はもう1人。4月4日からの第4戦「ヤマハレディース」には「次世代セクシークイーン」との異名をとる現役女子大生ユ・ヒョンジュ(25歳。172cm、61kg)の参戦が決定した。ユ・ヒョンジュは韓流女優のチョン・ジヒョン似で、“ゴルフ女神”の異名をとる。タイトなウエアで「第2のアン・シネ」とも呼ばれている。


「推定Gカップのバストだけでなく、ミニスカから覗く脚線美に目を奪われます。自身のSNSでセクシー写真を掲載しているのもファンには嬉しい。2年間の下部ツアーを経験しており、現地では“生活を支えてくれる男性がいるのでは……”と話題になるなど、タレント並みの人気を誇っています」(同前)


 昨年、QT40位以内に食い込んだウム・ナヨン(25歳。165cm、55kg)、イ・ソルラ(28歳。159cm、55kg)の2選手も今季開幕戦からツアーに参戦している。ウム・ナヨンはQT30位。ニュージーランドでゴルフを学び、スリムボディながらドライバーが武器だ。一方、イ・ソルラはQT31位。15歳でゴルフを始め、ホンイク大学在学中にデビュー。フェアウェーキープ率は韓国ツアーでトップ10に入る。


「今年からQTを受験できるのは日本のプロテスト合格者に限られることになったので、昨年は海外勢が駆け込み参戦してきた。特に目立ったのが韓国選手。韓国はプロの数が2000人と日本の倍もいて競争が激しい。米ツアーの移動が大変なこともあり、日本ツアーが選ばれるようになってきた」(スポーツ紙デスク)


 すでに日本でシード権を持つジョン・ジェウン(29歳。165cm、55kg)らとの“美の競演”が今年は多くなりそうだ。ジョン・ジェウンは昨年、「日本女子プロゴルフ選手権大会コミカミノルタ杯」で2位。今年は初勝利を狙う。ジュニア時代にはスケートのショートトラックの選手だった。


「彼女たちは活躍するほどキレイになるから人気も出る。韓国内でスポンサーを獲得するために整形する選手が少なくない。今年1月には朴セリ(41)が現役時代に目を二重にする手術を受けていたことを告白しましたが、脂肪吸引をしてスタイルを変えた選手までいる」(担当記者)


 このほか、ハン・スンジ(25歳。160cm、53kg)は、イ・ボミやキム・ハヌルが学んだ建国大の現役女子大生。覚えたての日本語が愛くるしいと話題になった。グリーンに咲き誇る彼女たちから目が離せない。


※週刊ポスト2019年4月5日号

NEWSポストセブン

「美女」をもっと詳しく

「美女」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ