女子アスリート15人の「私生活」最新生現場!(1)古閑美保と浅田舞が語った本音

3月30日(月)9時9分 アサ芸プラス

「英雄色を好む」と言うが、アレの強さが勝敗を分けるのは男だけではない。スポーツ界では強靭な肉体と精神はもちろん、抜群の「性力」が女性選手にとってもトップの条件なのだ。折しも、谷亮子議員に「別の男性とのイケナイ関係」疑惑が報じられたばかり。あの女子アスリートたちの「荒ぶる私生活」最新実態を大調査した!
「性欲番長」の一番手に名乗りを上げたのが、08年の賞金女王に輝いたプロゴルファーの古閑美保(32)だ。
 トーナメント引退後の現在はテレビ番組でぶっちゃけキャラを発揮している古閑は、今年2月に、プロゴルファー・近藤共弘との熱愛を報じられたばかり。
「元彼のダルビッシュ有との破局が伝えられたあとは『有のDNAが欲しぃー!』と絶叫するなど飲み荒れていたようです。しかし、立ち直りの早い彼女が最近ますます美貌に磨きがかかったと評判で『新恋人ができたのでは?』と噂されていたところでした」(芸能記者)
 古閑は近藤との交際について、自身のツイッターで即座に〈現在恋人はいませんなう。笑〉と交際を否定したが、3月7日放送のバラエティ番組「ミレニアム」(フジテレビ系)では湧き出る性欲のホンネを熱く語っていた。
「理論的に言うと女性が戦うというのは、男性ホルモンなんですね。闘争心というのは性欲とつながるんですよ。強い、強い。だって戦っているんですよ、闘争心バリバリ出してますから」
 と、女子アスリートの強精力を熱弁するのだ。ちなみに、現役時代は朝が早いため、前日午後7時までにコトを済ませていたことも明かしている。
「今回の男子プロとの交際の真偽はわかりませんが、古閑は相手に入れあげるタイプだけに、熱愛中は海外でもどこでも自分から彼氏のもとへまっしぐらに飛んで行く、わかりやすいタイプなんです。今は、テレビやイベントの仕事で多忙中なので、本命の彼はいないハズ」(ゴルフ担当記者)
 目下、ガラ空きの体を仕事で埋め合わせ中!?
 同じくバラエティ番組で活躍中なのが、元フィギュアスケート選手の浅田舞(26)だ。3月6日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)では、
「アスリート女子って基本的に肉食じゃないとやっていけないですね」
 と、自身が「肉食系」であることを堂々宣言していた。3月23日に発売された初水着写真集「舞」(集英社)では、現役時代から“3回転超”も増量したGカップのバストを惜しげもなく披露。
「浅田は『体の調子がよくなる』とノーパン健康法にハマッていたことを告白しています。現在も実行中で、親しいスタッフには『今日もはいてない』と話すこともあるようです」(芸能記者)
 氷上から降りてなお、ムンムンフェロモンをアピールとは‥‥。もはや“真央の姉”とは呼ばせない。

アサ芸プラス

「アスリート」をもっと詳しく

「アスリート」のニュース

BIGLOBE
トップへ