本田、指揮官の岡崎への対応に好感「全員の前で称えた。日本の管理職には見られない」

3月30日(水)1時5分 フットボールチャンネル

【日本 5-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は29日、ロシアW杯アジア2次予選でシリア代表と対戦し、5-0で勝利を収めた。

 試合後、報道陣の取材に応じた本田圭佑は「勝てたことは良かったが、課題が多い試合やった。もっと簡単に決めれたと思いますし、決めさせられたと。特に2−0になるまでの戦い方、そして2−0の後の戦い方。攻守において改善しないといけない」と、5ゴール大勝にも満足しなかった。

 本田自身、得点シーン以外にもチャンスはあった。「劇的にシュートがうまくなるとか、劇的にシュートのバリエーションが増えるとかっていうのは残念ですけどない」と話す。それでも「いろんなものを背負ってやっていくほど強くなっていく」と、自ら課題を背負いながら一つずつ消化していくつもりだ。

 無失点で終えたが、カウンターからヒヤリとする場面を作られた。そうした事実を本田は見過ごさないが、「勝った試合でこの課題を出したのがいいこと」と、果敢に攻め続けたことで反省点が見えてことは悪いことではないという考えを持っている。

 またこの試合で岡崎慎司が国際Aマッチ100試合出場を達成した。本田は盟友の偉業について「代表で100試合はそうそうできることじゃない。オカはそれだけすごいことをやってのけたという風に書かれるべきだと思う」と称えた。

 さらに、岡崎に対するヴァイッド・ハリルホジッチ監督の対応にも好感を持っている。

「日本人はよくも悪くもベテランを大事にしない。それは別にサッカー界だけじゃなく、新しいものが好き、新しいものを持ち上げてまた新しいものって文化があると思う。監督はミーティングでも徹底的にオカを褒めてましたし、だからそれだけキャプテンにふさわしいから俺はキャプテンを渡すと。ハッキリ全員の前で褒め殺すくらいオカのことを称えたってことはあんまり日本人の管理職の人には見られないですよね。これは僕はすごい好きです」

 ストライカーの節目の試合を指揮官が祝福し、チームがさらにまとまるという側面もあるだろう。チームリーダーでもある本田もハリルジャパンの結束を強く感じたのではないだろうか。

フットボールチャンネル

「本田圭佑」をもっと詳しく

「本田圭佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ