マルシアル、母国強豪が関心示すも残留希望? 「イングランドで戦えて幸せ」

3月30日(水)11時2分 フットボールチャンネル

 他クラブが獲得を狙っているマンチェスター・ユナイテッド所属のフランス代表FWアントニー・マルシアルは、ユナイテッドでの生活に満足しているようだ。29日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 マルシアルに対してはパリ・サンジェルマン(PSG)が興味を示しており、夏の移籍市場で獲得に動く可能性が報じられていた。移籍金を含めて総額107億円で獲得したとされるマルシアルは、今季リーグ戦24試合出場で7得点を決める活躍を見せている。

 ユナイテッドでの生活についてマルシアルは「僕はもっと成長できると思っている。いくつかチャンスを逃した場面もあったけど、来季はさらに良くなると思うよ」とし「僕はイングランドでの戦いに幸せを感じているし、僕が本当に望んでいる全てなんだ」と語り、順風満帆な日々を送れていることを明かした。

 マルシアルはユナイテッド加入後にフランス代表としてデビューを飾り、すでに通算7試合出場を経験している。母国フランスの強豪クラブであるPSGから注目される的となったが、マルシアル本人は移籍する考えはないようだ。

フットボールチャンネル

「イングランド」をもっと詳しく

「イングランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ