大谷の打撃爆発は「野球の神様」のおかげ? 栗山監督が“願掛け”明かす

3月30日(水)0時44分 フルカウント

日ハム栗山監督が「野球の神様」に願掛け!?「今まではここまでしなかった」

 大谷翔平の打撃爆発は「野球の神様」のおかげ? 日本ハム・栗山英樹監督が29日のオリックス戦(札幌ドーム)で大勝後、多数のヤンキースグッズを身につけて出陣していたと明かした。

 斎藤佑樹の登板日には早大カラーのエンジのパンツというように日頃から験担ぎに事欠かない栗山監督。この日は1928年にヤンキースがワールドチャンピオンに輝いた時に選手へ配られた時計のレプリカや、ヤンキースタジアムで使ったボールの革で作られたカフスなどを身につけて札幌ドーム入りしたという。

 その理由とは——。ヤンキースで活躍し、「野球の神様」と言われた米国の国民的スーパースターの存在があった。

開幕投手伝達日もベーブ・ルースを意識、「お願いすることは全てお願いした」

「今年は翔平にベーブ・ルースの誕生日(2月6日)に開幕投手を伝えているわけじゃない。(本拠地開幕戦で)野球の神様にお願いすることは全てお願いしたよ。今まではここまでしなかったけど、(開幕カード負け越しで)今日は怖かった。ここまで言うと嫌らしいかな」

 この日、“野手開幕戦”となった大谷は5回の1号3ランを含む2安打で自己最多1試合5打点をマークした。

 栗山監督は「キャンプから打撃練習は良かったけど、結局、試合で打たないと意味がない。そんな中で、今日、逆方向に出たことはすごく大きい。最初に結果が出れば、翔平も自分らしく出来る。良かったと思う」とご満悦だった。

 「野球の神様」への願掛けは大成功と言えそうだ。

フルカウント

「爆発」をもっと詳しく

「爆発」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ