【米国はこう見ている】マイナー再契約の川崎がOP戦1号3ラン! 開幕メジャー逃すも監督は信頼示す

3月30日(水)10時54分 フルカウント

川崎宗則、マイナー再契約に発奮!? 開幕メジャーならずもマドン監督「重要な選手」

 カブスとマイナー契約を結び、メジャーキャンプに招待選手として参加していた川崎宗則内野手が29日(日本時間30日)に契約解除となり、その日のうちに新たなマイナー契約を結び直した。開幕ロースターの25人に入ることは出来なかった34歳はその直後に発奮。同日のアスレチックとのオープン戦でオープン戦1号3ランを放った。MLB公式サイトはマイナー再契約後に名将ジョー・マドン監督は川崎に対する信頼を改めて示したことも伝えている。

 川崎はスプリングトレーニングでチーム随一の打撃成績をマーク。オープン戦19試合で打率3割7分5厘、二塁打6本を記録するなど好調をキープしていた。その時点で一時契約解除となり、マイナー再契約となったが、川崎のアピールは終わらなかった。アスレチックス戦で6回の守備から出場すると3点リードの8回無死二、三塁の場面で右腕フェルナンド・ロドリゲスから右翼へ3ラン。打った瞬間はスタンドも大歓声に包まれた。

 MLB公式サイトはマイナー再契約となった川崎についてマドン監督が依然として評価していることも紹介。指揮官は「彼は優秀な野球選手だ。彼の個性に起因して大きくメディアで取り上げられている。だが、この男はとても優秀な選手でもあるんだ」とコメントしたという。

 オールスター級のタレントとリーグトップのプロスペクトがひしめくカブス内野陣で開幕メジャーの切符をつかめず、代わりにトミー・ラステラ内野手、マット・シーザー外野手、ニール・ラミレス投手のロースター入りが決まった。34歳の人気者には果たして何が足りなかったのか。

昇格のチャンスあり? 「カワサキはシカゴで最も人気のある選手の1人になる」

 指揮官はこの質問に「何も不足していない。これ以上素晴らしいスプリングトレーニングを送ることはできなかっただろう。彼に不足しているものはチャンスだ。我々のチームには現時点で個性の面でも十分な人間が存在するんだ」と話したという。

 カナダの地元テレビ局「スポーツネット・カナダ」(電子版)によると、カブスは川崎を開幕時に開幕ロースターに入れないか、開幕5日前になってからリリースした場合、10万ドル(約1100万円)を支払う契約となっていたという。そのため、契約を結び直したようだ。

 これは、シーズンでメジャーに昇格させる可能性が高いと見ているからこその措置だとも言える。オープン戦でのアピールで首脳陣やチームメートの心を掴んでおり、不調な選手やけが人が出た場合は、川崎に声がかかることになりそうだ。

 奮闘空しく開幕ではロースター入りは果たせなかったが、ワールドシリーズ優勝候補に推されるカブスにとって必要な戦力になる。ESPNのジェシ・ロジャース記者はツイッターで「マドンはカワサキが今季重要な存在になるだろうと明言している」と報告。指揮官は「カワサキが昇格を実現した際には、シカゴで最も人気のある選手の1人になるだろう」と語ったという。今季もマイナーでひたむきなプレーを続け、昇格のチャンスを待つことになりそうだ。

フルカウント

「川崎宗則」をもっと詳しく

「川崎宗則」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ