孫社長がホークス身売り否定「売却なんて全く考えていませんよ」。

3月30日(土)0時26分 ナリナリドットコム

ソフトバンクの孫正義社長(55歳)が3月29日、一部夕刊紙が報じたホークス売却の噂について、自身のTwitterできっぱりと否定した。

この報道は、28日付けの一部夕刊紙が「近いうちに身売りするとの怪情報が流れている」「球団保有で得られるものは回収できた」「身売りの時期は15年シーズン終了後」など、“球団消息筋”の話を交えながら、順風満帆で一番価値があるときに売りに出すと伝えていたもの。

孫社長は、Twitterに寄せられた質問に答える形でこの話題に触れ、「我々がホークスを売却するなんて事は全く考えていませんよ」と、噂を否定。さらに「ハゲタカなのに?」と重ねて問われると、「ハゲとタカは間違いではないが、ハゲタカではない!」とジョークで返す余裕も見せている。

なお、29日はプロ野球の開幕日。孫社長も球場で見守る中、ソフトバンクは福岡ヤフオクドームで楽天と対戦したが、ホームラン2発が飛び出したソフトバンクが7-1で快勝した。

ナリナリドットコム

「売却」をもっと詳しく

「売却」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ