最下位アストン・ヴィラが今季2度目の監督解任…就任後わずか2勝

3月30日(水)17時37分 サッカーキング

解任が発表されたアストン・ヴィラのレミ・ガルド監督 [写真]=Aston Villa FC via Getty Images

写真を拡大

 アストン・ヴィラは29日、クラブ公式HPでレミ・ガルド監督の解任を発表した。

 レミ・ガルド監督は11月からティム・シャーウッド前監督の後任として同クラブを指揮。最下位に沈むチームの建て直しを図ったが、その後のリーグ戦20試合でわずかに2勝と低迷し、チームは依然として最下位に位置している。

 同クラブの公式HPでは、監督の解任に際し「この難しい時期にレミ・ガルド氏がしてきたすべての努力へ心から感謝したい」との声明文が掲載されている。

 また、トップチームのコーチを務めるエリック・ブラック氏が暫定監督としてチームを指揮することも同時に発表されている。

 イギリス紙『エクスプレス』はレミ・ガルド氏の後任候補として、昨シーズンまでレスターの監督を務めていたナイジェル・ピアソン氏や元マンチェスター・U監督のデイヴィッド・モイーズ氏の名前を挙げている。

 アストン・ヴィラはプレミアリーグ第31節終了時点で勝点16で最下位。残留ラインの17位ノリッジとは勝点12の差があり、残り7試合、残留に向けて厳しい戦いが続く。次戦は来月2日にプレミアリーグ第32節でチェルシーと対戦する。

サッカーキング

最下位をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ