名古屋オーシャンズU−18が春高フットサルの頂点に…大会2連覇を達成

3月30日(水)10時23分 サッカーキング

優勝した名古屋オーシャンズU-18[写真提供]=バンフスポーツ

写真を拡大

 27日、愛知県名古屋市のテバオーシャンアリーナにて、春の高校生フットサル大会2016が開催された。

 今年度は16チームが参加し、4チーム4ブロックでリーグ戦を実施。その後、各ブロック1位による決勝トーナメントが行われた。

 昨年度優勝の名古屋オーシャンズU−18は、初戦でTEMPAKU FCに12−0の圧勝。つづく有度フットボールクラブ/unite戦は11−0、クラーク記念国際高校戦では8−2で勝利し、3連勝で予選突破を果たした。そのほかのリーグでは、アグレミーナエスパッソ、アレスグーテ砺波U−18、聖和OBが決勝トーナメントへ駒を進めた。

 準決勝を制した、名古屋と砺波の決勝戦は、名古屋が5−2で勝利し、2連覇を達成した。

 大会全日程の結果は以下のとおり。

■予選結果まとめ
名古屋オーシャンズU-18 12−0 TEMPAKU FC
有度フットボールクラブ/unite 1−9 クラーク記念国際高校
神戸国際大学付属高校 3−3 富山県プレリーグ選抜
アグレミーナエスパッソ 9−0 岡崎学園高校フットサル部
P.S.T.C.LONDRINA 3−2 KWF
サントスサッカーショップ 2−3 アレスグーテ砺波U-18
聖和OB 3−3 GATT FUTSAL CLUB
WEST U-18 1−5 武相高校フットサル部
名古屋オーシャンズU-18 11−0 有度フットボールクラブ/unite
TEMPAKU FC 2−5 クラーク記念国際高校
神戸国際大学付属高校 1−3 アグレミーナエスパッソ
富山県プレリーグ選抜 4−2 岡崎学園高校フットサル部
P.S.T.C.LONDRINA 2−4 サントスサッカーショップ
KWF 0−17 アレスグーテ砺波U−18
聖和OB 5−1 WEST U−18
GATT FUTSAL CLUB 1−2 武相高校フットサル部
名古屋オーシャンズU−18 8−2 クラーク記念国際高校
TEMPAKU FC 3−1 有度フットボールクラブ/unite
神戸国際大学付属高校 4−2 岡崎学園高校フットサル部
富山県プレリーグ選抜 4−6 アグレミーナエスパッソ
P.S.T.C.LONDRINA 3−6 アレスグーテ砺波U−18
KWF 2−22 サントスサッカーショップ
聖和OB 5−2 武相高校フットサル部
GATT FUTSAL CLUB 7−4 WEST U−18

■準決勝
名古屋オーシャンズU−18 3−1 アグレミーナエスパッソ
アレスグーテ砺波U−18 3−3(PK3−2) 聖和OB

■決勝戦
名古屋オーシャンズU−18 5−2 アレスグーテ砺波U−18

サッカーキング

「サル」のニュース

BIGLOBE
トップへ