マルディーニ氏、ミラン復帰を希望も…「話は簡単なものではない」

3月30日(木)16時30分 サッカーキング

ミラン復帰の可能性に言及したマルディーニ氏 [写真]=VCG via Getty Images

写真を拡大

 元イタリア代表のパオロ・マルディーニ氏が、古巣であるミランの幹部に就任する可能性を否定した。イタリア紙『トゥットスポルト』が28日に報じている。

 マルディーニ氏は『Planet Football』のインタビューで「ミランは当然、私の心の中にある。私の父(チェーザレ・マルディーニ氏)はキャプテンを務め、自分もこのクラブとともに育った。もし、クラブに戻ることができればそれは嬉しいことだろう。しかし、話は簡単なものではない」と、古巣への思いを明かしながらも、復帰は容易ではないとの見解を示した。

「過去に、自分を問題とみなした者がいるんだ。必ずしもミランで働く必要はないとはいえ、私はミランで働きたいとは思っている。ただ残念ながら、独立したポジションを持つことは難しい。これからクラブの状況を見ていこうじゃないか」

 ミラン内部に自身のことを良く思わない人間がいると明かしたマルディーニ氏。クラブのレジェンドが今後、幹部としてミランへ復帰する日は来るだろうか。

サッカーキング

復帰をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ