負傷で代表戦回避のディバラ、次節ナポリ戦はベンチスタートか

3月30日(木)14時16分 サッカーキング

直近の代表戦2試合を回避したアルゼンチン代表FWディバラ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、4月2日に開催されるセリエA第30節のナポリ戦でベンチスタートすることになるだろうと、イタリア・メディア『メディアセット』が29日に報じた。
 
 ディバラは19日に行われたサンプドリア戦で左太ももの筋肉を負傷。重傷は回避し、回復を果たしたものの、23日のチリ代表、28日のボリビア代表との2018 FIFA ワールドカップ ロシア南米予選の2試合に出場しなかった。既にケガの影響はないものと見られるが、南米からイタリアには30日に戻る予定となっており、試合までの調整期間が短いことから、先発出場は難しいと予想されている。
 
 ユヴェントスは2日にアウェイでナポリとのリーグ戦を終えた後、5日には再び敵地でナポリとのコッパ・イタリア準決勝セカンドレグを控える。ホームで行われたファーストレグでは3−1と勝利。優位な立場でセカンドレグを迎えることとなる。

サッカーキング

「負傷」をもっと詳しく

「負傷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ