W杯出場決定のブラジル、指揮官に称賛の嵐…ネイマール「彼は天才的」

3月30日(木)11時54分 サッカーキング

南米予選8連勝を達成したチッチ監督(左)。ネイマール(右)ら選手からの信頼も絶大だ [写真]=LatinContent/Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選で破竹の8連勝を果たし、本大会出場権を獲得したブラジル代表。チームを率いるチッチ監督を称賛する声が相次いでいるようだ。29日付のブラジルメディア『グローボ』などが伝えている。

 昨年6月にチッチ監督が就任してから、ブラジル代表は南米予選8試合を含む公式戦9戦で全勝を記録。25得点2失点いう驚異的な数字を記録し、近年低迷していた“セレソン”を見事に復活させた。

 見事な手腕を発揮しているチッチ監督には、称賛の声が相次いでいる。DFマルセロ(レアル・マドリード)は「僕たちはチッチ監督が来てくれたことに対して本当に感謝している。実際に彼が全てを変えたんだ」とコメント。また、FWネイマール(バルセロナ)も「彼は天才的な監督だよ。僕たちに多くの自信を与えてくれるんだ」と語るなど、選手からの信頼も絶大のようだ。

 28日に行われたパラグアイ代表戦の試合会場は、かつてチッチ監督が指揮を執り、2015年にはブラジル全国選手権優勝に導いたコリンチャンスのホームスタジアムであるアリーナ・デ・サンパウロだった。観客からは何度も“チッチ・コール”が起こり、ネイマールも「彼はその声援に値する仕事をしているよ」と語っている。同監督への称賛の嵐はしばらく止みそうにない。

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「ブラジル」をもっと詳しく

「ブラジル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ