野球賭博 規模縮小されたが今も月に数千万円単位のカネ動く

3月30日(月)16時0分 NEWSポストセブン

 開幕間近の某日、『週刊ポスト』編集部はある文書を入手した。そこには12球団それぞれの戦力分析に加え、各球団のローテーション投手を格付けしたデータがびっしりと記載されている。また開幕戦カードとともに、「0.2」や「1.8」などの数字が並ぶ一覧表もある。これは何なのか? その答えは、ある球界関係者からもたらされた。


「これはいわゆる『ハンデ表』です。野球賭博で使用されるハンデを記した資料です。実際に見るのは初めてですね……」


 野球賭博とはその名の通り、野球の試合結果について金銭を賭ける賭博のことだ。完全な違法行為だが、現在でもプロ野球や高校野球を中心にひっそりと行なわれている。


 今年2月には、静岡県で摘発事例が出た。昨年9月下旬から10月下旬にかけプロ野球公式戦の勝敗を予想させ、賭け客2人から1口1万円で計45回にわたり約1300万円の賭博申し込みを受けたとして男女2名が逮捕された。また2010年には、大関・琴光喜や大嶽親方(いずれも当時)らが野球賭博に関与していたことが発覚し、解雇処分などを受ける大騒動に発展した。


 野球賭博は暴力団の有力な資金源だ。広域指定暴力団のフロント企業といわれる会社関係者が語る。


「野球賭博は1960年代に高知の暴力団が始め、関西の暴力団が大きくしたといわれる。今でも関西では盛んだし、地方では最大のシノギ(暴力団用語で“収入源”または“違法経済活動”を指す)にする組も少なくない。かつては数千億市場ともいわれていた」


 本誌は野球賭博の現場をよく知るというX氏と接触した。


「1991年に暴対法が施行されたことや、2010年の角界の騒動で、規模はかなり縮小されたが、今でも月に数千万単位のカネが動いている。この文書はどの胴元が作ったものかわからないが、開幕戦に備えて作ったものに間違いない」(X氏)


※週刊ポスト2015年4月10日号

NEWSポストセブン

「賭博」をもっと詳しく

「賭博」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ