【モンゴル戦】スタメン決定&展望。両SBを入れ替え、松原健デビュー、小川諒也は初先発

3月30日(火)19時18分 サカノワ

遠藤航&守田正英のボランチコンビを中心にしたチーム作りへ。

[W杯アジア2次予選F組] モンゴル – 日本/2021年3月30日19:30/フクダ電子アリーナ

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選F組、モンゴル代表戦に臨む日本代表(SAMURAI BLUE)のスターティングメンバーが発表された。日本は両サイドバックを入れ替え、右の松原健(横浜F・マリノス)が国際Aマッチデビュー、左の小川諒也(FC東京)が初先発を果たす。

 センターバック、ボランチ、センターフォワードのセンターライン、ボランチから前のメンバーは、韓国戦から変更なし。森保一監督は、「軸」の確立に時間を掛けたいという方針を示していた。今後を見据えて、遠藤航&守田正英のボランチコンビを中心にしたチーム作りをここで進めておきたい考えが感じられる。

 また交代枠は5人。森保監督はその枠を最大限に活用したいという。早い段階で試合が動けば、多くの選手にチャンスが与えられそうだ。指揮官は「我々が何に向かって戦いを続けているのか、どういう意義で戦っているのか。それを確認して臨みたい」と言い、内容をより求める一戦になる。

 今回は新型コロナウイルスの感染状況を受けた特別措置で、モンゴルの「ホームゲーム」として開催される。

 最新のFIFAランキングは日本が27位、モンゴルが190位。F組で4連勝中の日本は、勝てば最終予選進出が確実になる。一方、すでに6試合を終えて1勝5敗でグループ最下位のモンゴルはすでに2次予選敗退が決まっている。

 2019年10月10日の日本のホームゲームは、日本が6-0の勝利を収めている。

 日本のスタメンは次の通り。

GK
12 権田修一
DF
2 松原 健
16 冨安健洋
22 吉田麻也(Cap)
3 小川諒也
MF
6 遠藤 航
5 守田英正
14 伊東純也
10 南野拓実
9 鎌田大地
FW
15 大迫勇也

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]


サカノワ

「モンゴル」をもっと詳しく

「モンゴル」のニュース

「モンゴル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ