ムヒタリアン、代理人が所属クラブとの契約更新を示唆。獲得狙うユーベを牽制

3月31日(木)8時12分 フットボールチャンネル

 ドルトムントに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの代理人が、同クラブと契約を更新する可能性を示唆した。30日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、イタリア・トリノに出向きユベントスとの会談を行ったムヒタリアンの代理人ミーノ・ライオラ氏が、ドルトムントから非常に印象的な新契約を提示されていることを明かしたとのこと。ユベントスと交渉する中で有利な条件を引き出す狙いがあるようだ。

 ムヒタリアンは今季公式戦43試合に出場し20得点24アシストを記録している。攻撃の軸として活躍し、多くの得点とチャンスをもたらすキーマンとなっていた。

 ドルトムントとの契約は2017年6月に切れる予定で、クラブ側は契約延長を目指しているが、ムヒタリアンに関しては複数のクラブが獲得を狙っている。果たして同選手は、どのクラブとの交渉を望んでいるのだろうか。

フットボールチャンネル

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ