日本、リオ五輪はブラジル&アルゼンチンと同じポット1確定。コロンビアと同組は50%

3月31日(木)18時0分 フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は、リオ五輪における組み分け方法を発表し、6大会連続で五輪出場となる日本はポット1に組み分けられることが決定した。

 ポット分けは以下の通り。

▼ポット分け
ポット1:ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、日本
ポット2:ナイジェリア、韓国、ホンジュラス、イラク
ポット3:スウェーデン、フィジー、ポルトガル、南アフリカ
ポット4:コロンビア、アルジェリア、デンマーク、ドイツ

 同大陸のチームと同じグループに振り分けられることはないため、日本はポット2でナイジェリアかホンジュラスのいずれかと当たる。また、ポット4のコロンビアはポット1のブラジルとアルゼンチンとは同組とはならないため、50%の確率で日本と同じグループとなる。

 ポット分けは直近5大会の五輪での成績をもとに算出される。また、各大陸予選優勝チームにはボーナスポイントが加算される。過去大会獲得ポイントの加算率及び日本の獲得ポイントは以下の通り。

▼過去大会獲得ポイントの加算率
2012年ロンドン大会:獲得ポイントの100%を加算
2008年北京大会:獲得ポイントの80%を加算
2004年アテネ大会:獲得ポイントの60%を加算
2000年シドニー大会:獲得ポイントの40%を加算
1996年アトランタ大会:獲得ポイントの20%を加算

▼日本の獲得ポイント
2012年ロンドン大会:3勝1分2敗
→10ポイント×100%=10ポイント

2008年北京大会:3敗
→0ポイント×80%=0ポイント

2004年アテネ大会:1勝2敗
→3ポイント×60%=1.8ポイント

2000年シドニー大会:2勝1分1敗
→7ポイント×40%=2.8ポイント

1996年アトランタ大会:2勝1敗
→6ポイント×20%=1.2ポイント

アジア予選優勝ボーナス 5ポイント

合計:20.8ポイント

 ポット4の4ヶ国は直近5大会での出場がないため、いずれも0ポイントとなる。フィジーは初出場だが、オセアニア大陸オリンピック代表決定戦で優勝してボーナスポイントが付与されたためポット3となる。

 組み合わせ抽選は日本時間4月14日にブラジルのマラカナンスタジアムで行われる。

フットボールチャンネル

「コロンビア」をもっと詳しく

「コロンビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ