日本と対戦の可能性も。仏代表の18歳新星、U-20W杯候補入りへ

3月31日(金)11時22分 フットボールチャンネル

 U-20フランス代表を率いるリュドビク・バテッリ監督は、5月に韓国で開催されるU-20ワールドカップに向けた予備招集メンバーにモナコのFWキリアン・ムバッペを含めることを明らかにした。30日付の『フランス・フットボール』誌によるインタビューの中で話している。

 ムバッペは昨年12月に18歳になったばかりだが、モナコのトップチームでの活躍により国際的に大きな注目を集めている。今季すでに公式戦19ゴールを記録しており、今月25日に行われたルクセンブルク戦でフランスA代表へのデビューも果たした。

 ムバッペは、今回のU-20W杯の予選を兼ねた昨年のU-19欧州選手権でフランスが優勝を飾った際の主力メンバーだった。バテッリ監督は本大会に向けた候補メンバーにも同選手を含めた上で、大会に出場させるかどうかについてA代表のディディエ・デシャン監督と相談する意向を明らかにしている。一方で、ムバッペより以前からA代表に招集され定着しつつあるボルシア・ドルトムントの19歳FWウスマン・デンベレはU-20W杯には招集しないと語った。

 フランスはU-20W杯のグループEに入っており、ホンジュラス、ベトナム、ニュージーランドと対戦する。順当に首位通過したとすれば、日本の入っているグループDの2位通過チームと決勝トーナメント1回戦で対戦することになる。日本は南アフリカ、イタリア、ウルグアイとグループ突破を争う。

フットボールチャンネル

「U-20」をもっと詳しく

「U-20」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ