G村田、延長10回に意地の勝ち越し打 タイムリー二塁打にガッツポーズ

3月31日(木)21時29分 フルカウント

10回に中越え適時二塁打

 巨人の村田修一内野手が31日、意地の勝ち越し打を放った。

 DeNA戦(横浜スタジアム)で「7番・三塁」でスタメン出場。同点の延長10回2死二塁。平田の高めに浮いた外角スライダーにバットを合わせた。中堅・荒波の頭上を超える勝ち越し中越え適時二塁打だ。

 8回1死一塁で遊ゴロ併殺打に終わるなど4打数無安打だった。横浜スタジアムでは141本の球場最多本塁打者だが、勝ち越し機でDeNA外野陣は前進守備を敷いていた。会心の勝ち越し打に、二塁ベース上でガッツポーズを決めた。

フルカウント

「延長」をもっと詳しく

「延長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ