連覇狙う日ハムが完敗、栗山監督は猛省「俺のせい」「監督の責任」「申し訳ない」

3月31日(金)22時41分 フルカウント

西武に開幕戦で完敗、大役の有原はKO「勝たせてやれないのは監督の責任」

 昨季日本一に輝いた日本ハムは31日、札幌ドームでの開幕戦・西武戦に1-8で敗れた。初の開幕投手を務めた有原航平投手が、守備の乱れにも足を引っ張られて6回途中6安打6失点(自責4)で黒星。打線は「3番・DH」の大谷翔平が2安打を放つも、終盤のチャンスでは凡退するなど、5安打1得点に終わった。

 栗山英樹監督は「監督の責任。申し訳ない」と完敗スタートを猛省。4月1日以降の戦いへ向け「すべて勝つようにしっかりやります」と誓った。以下は試合後の一問一答。

——黒星発進。

「申し訳ないです」

——有原の出来について。

「ボールは悪くなかったし、随所にやろうとうしていることが見えた。結果的に打たれているわけじゃないけれど、点が入ってしまって」

——打ち取っているような当たりが失点につながるシーンがあったが。

「何とかしてあげたいというのがあった。ただ、野球なのでいろんなことがあり、いいことも悪いことも出る。悪いことが出て、正してあげられなかったのはこっちの責任。有原からすれば、もっとやれるものがあったと思うが、それは俺のせい。勝たせてやれないのは監督の責任。申し訳ない」

2安打の大谷には「対応はしっかりできたと思う」

——中継ぎの公文や石川直が好投。

「誰もが早く開幕したいと思っているだろうし、こういうやられ方しても前に進んだものもあるので、それはそれでいんだけど、そうじゃないものを明日からしっかりできるようにやります」

——明日に向けて。

「負ければ、143分の1なので。シーズン全部勝つわけにはいかない。あしたからはすべて勝つようにしっかりやります」

——大谷の打撃内容について。

「攻め方の感じが最初の打席ですごくわかって、対応はしっかりできたと思う」

——菊池の投球について。

「楽にしない展開に持っていけなかった」

——守りのミスが重なった。

「できなかったこともあるが、選手は一生懸命やっている。できるようにするのはこっちの責任」

石川加奈子●文 text by Kanako Ishikawa

フルカウント

日ハムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ