チェルシー、吉田同僚の獲得競争をリード…ライバルはマンCか

3月31日(金)16時57分 サッカーキング

複数のビッグ・クラブからの関心が報じられるサウサンプトンDFファン・ダイク(左) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンでプレーするオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの争奪戦を、チェルシーが一歩リードしているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が31日付で報じた。
 
 同紙によると、チェルシーはファン・ダイクを獲得するために最大5000万ポンド(約70億円)を支払う覚悟があるという。これに対し、サウサンプトン側も前向きな姿勢を見せており、マンチェスター・Cとの争奪戦で優位に立ったと伝えた。
 
 しかし、チェルシーには現在負傷中のフランス代表DFクルト・ズマやレンタル先のボルシアMGで20歳ながら主力としてプレーするデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの存在があり、同紙はこの獲得に疑問を抱いている。
 
 2015−16シーズンにセルティックから加入したファン・ダイクは加入初年度からリーグ戦34試合に出場し、3ゴールを挙げている。今シーズンもプレミアリーグ第22節のレスター戦で今シーズン復帰絶望のケガを負うまで、21試合に出場し、1ゴールを記録していた。

サッカーキング

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ