“救世主”マテウス、Jデビュー戦で確かな手応え「ペースに慣れれば活躍できる」

3月31日(土)18時52分 サッカーキング

Jデビューを飾ったマテウス [写真]=三浦彩乃

写真を拡大

 ガンバ大阪の“救世主”として期待される新外国籍選手のマテウスがJリーグデビューを飾った。31日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節、アウェイでのFC東京戦で先発フル出場。結果は2−3で惜しくも敗れ、今季J1初勝利とはならなかったが、今まで中盤に欠けていたダイナミズムをチームにもたらした。

 キックオフ直後はやや戸惑い気味に見えたが、対人守備や大きなサイドチェンジ、ミドルシュートといった持ち味を徐々に発揮する。58分の得点シーンでは、オ・ジェソクのパスを中央で受けると、上がってきた左サイドの初瀬亮へ展開。結果的に“アシストのアシスト”を記録した。初瀬が「左利きのボランチなので、左サイドに回ってきやすい」と早速やりやすさを語れば、ボランチでコンビを組んだ遠藤保仁も「完全にフィットするにはまだ時間が掛かるけど、持っている能力は高い」と太鼓判を押す。

 Jデビュー戦を終え、マテウスは「手応えは感じています。ブラジル人選手がすごく活躍しているリーグなので、ペースに慣れれば活躍できる」と確かな自信を得たようだ。チームは開幕から1分け4敗と勝利がなく、依然として最下位に沈んでいる。ここからはJリーグYBCルヴァンカップもあり、5月中旬まで連戦となるが「今日の後半を続けていくことで勝利が近づくと思う」と初勝利へ意気込んだ。

 サントス時代にマテウスを指導しているレヴィー・クルピ監督も「技術はしっかりしているので、試合を重ねるごとにもっと良くなる」とさらなる活躍に期待を寄せた。

サッカーキング

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ