鎌田実のバックハンドトス 吉田義男が相棒だから生まれた

3月31日(火)16時0分 NEWSポストセブン

吉田義男氏と組んだ二遊間を振り返る鎌田実氏

写真を拡大

 高校時代に名遊撃手として名を馳せた鎌田実氏は、1957年の大阪タイガース入団後、二塁手へ転向。史上最高の遊撃手と評価される「牛若丸」吉田義男氏とのコンビは、「ノックだけでカネを取れる」と称えられた。三塁の三宅秀史氏とともに形成した内野は「鉄壁の内野陣」と呼ばれた。現在は中学生もふくめたアマチュアへの指導も手がける鎌田氏が、日本で初めてバックハンドトスを繰り出したときのことを語った。


 * * *

 僕が阪神に入団した時には、4年先輩の吉田義男さんはすでに“牛若丸”と呼ばれていた。吉田さんは打球への反応はもちろん、捕って投げる動きも他の選手よりワンテンポ早く、合わせるのが大変だった。二塁手として吉田さんのプレーについていくまでに4年かかったが、それからの4年間の阪神の二遊間は日本一だったと思います。


 当時は二遊間でなく「三遊間」の時代。巨人の長嶋茂雄広岡達朗と阪神の三宅秀史&吉田の三遊間が代表的で、少年野球ではチームで一番守備のうまい子供が遊撃手、次が三塁手をやるのが当たり前。僕も高校時代は遊撃手でした。プロで二塁になったのは、吉田さんがいたから仕方なかった(苦笑)。


 強肩を活かし、広い守備範囲を動き回る遊撃手は黙っていても目立つポジション。ところが二塁手は地味で目立たない。そこでアピールするために始めたのがジャンピングスローでした。上空で反転しながら投げるのでジャンプ力が求められました。


 これは当時の阪神で選手兼任監督だった藤村富美男さんの発案でした。試合前のシートノックにショーの要素を入れて観客に見せていたのです。肩の強い三塁手の三宅さんには、ライン際に鋭いゴロを、吉田さんにはクイックスローができるようにボテボテの当たりを転がす。僕には二塁ベース付近に打ってジャンピングスローをさせた。相手チームもベンチから見ているし、どこの球場でもゲーム前のシートノックは拍手喝采でした。



 今でも華麗で俊敏な守備といえば三塁手か遊撃手だが、実際には二塁手の動きが一番複雑で難しい。三塁手と遊撃手は捕ってから同じ方向に投げればいいが、二塁手は違う。併殺にするには逆方向に投げないといけません。二塁ベースまでの距離によってバックハンドトス、アンダートス、グラブトス、反転トスなど、トスだけで何種類も求められるのは二塁手だけ。


 僕の代名詞になったバックハンドトスはフロリダキャンプで習得したもので、当時の日本球界では誰もやっていなかった。それまでは捕球位置が二塁ベースから6メートル以上離れているとフォースアウトにしかできなかったが、バックハンドトスならゲッツーにできた。初めて使ったのはピンチの場面。とっさに繰り出したプレーでしたが、吉田さんは平然と捕ってダブルプレーを完成させた。


 後に近鉄に移籍すると三原脩監督にバックハンドトスは禁止されてしまった。理由は「ウチの遊撃手は捕れない」といわれたから。吉田さんのレベルがいかに高かったかがわかります。


 二遊間はどちらかがうまくてもダメ。同じような高い技術を持った2人が競い合えば、最高のプレーができる。それが二遊間の魅力ですね。


※週刊ポスト2015年4月10日号

NEWSポストセブン

「相棒」をもっと詳しく

「相棒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ