元巨人・加治前竜一 社会人入りし「一般紙も読むように」

3月31日(木)7時0分 NEWSポストセブン

三菱重工長崎でプレーする元巨人・加治前竜一

写真を拡大

 NPBは毎シーズンオフ、12球団合同のトライアウトを行っている。そこでは、独立リーグや社会人から声がかかることもある。そのトライアウトによる「社会人移籍組」で、いち早く結果を残したのが元巨人の加治前竜一(30)だ。来年、創部100年を迎える名門・三菱重工長崎で、4番を任されている。


 奈良・智弁学園時代には高校通算43本塁打のスラッガーとして知られ、2007年にドラフト4位で巨人入り。特に鮮烈な印象を残したのはプロ1年目の2008年6月6日の対ロッテとの交流戦だ。加治前のプロ初打席は右翼席に飛び込むサヨナラ弾。NPB史上初の快挙だった。


 しかしその後は伸び悩み、7年目の2014年オフに戦力外通告。合同トライアウトの結果、社会人野球の三菱重工長崎でプレーすることになった。


 チームには加治前の他に、野原将志(27・元阪神・内野手)、岸敬祐(29・元ロッテ・投手)の2人の元プロ野球選手がいる。3人の活躍もあり、昨年、三菱重工長崎は2012年ぶりに社会人野球2大大会(都市対抗、日本選手権)ダブル出場を果たした。


 長崎・稲佐山のふもとにある三菱球場。室内練習場には「全国制覇」の看板が掲げられている。シート打撃で柵越えの打球を連発していたのが加治前だった。


「戦力外通告を受けた時は頭の中が真っ白になるのかと思ったら、逆にお世話になったいろんな人の顔が頭に浮かびました。家に帰って、まず妻に相談しましたね。長男(悠斗君)が野球をようやくわかってきた頃ということもあって、もう少し頑張ってみようかなと……。妻も同じ考えでした」(加治前、以下「」内同)


 2014年当時、合同トライアウトは2回開催された。


「2回とも精神的にムチャクチャしんどかった。一発勝負の学生時代の試合の緊張とも、プロ野球の大舞台の緊張とも全く違う。勉強になりましたね。


 1回目は3打数1安打で、独立リーグから連絡があり、2回目は4打数2安打で、2日後に三菱重工長崎から連絡がありました。子供の頃から野球しかやってこなかったから、社会人生活のすべてが勉強です。スポーツ紙だけじゃなく、一般紙も読むようになりました」


 今は嘱託社員として1年ごとに契約を更新する身だ。今年は契約を更新し、無事2年目を迎えられた。


「とにかく3年間は精一杯やってみようと思っています。目標は、三菱重工長崎の全国制覇。ただし、いつプロに呼ばれてもいいような準備を欠かさないようにしたい。妻と子供は東京に残して単身赴任です。2か月に1度帰れるかどうか。それは寂しいですね」


 長崎には巨人ファンが多く、街を歩いていても、「加治前、頑張れ!」と声を掛けられるという。東京ドームで開催される都市対抗野球も、巨人時代のファンから暖かい声援を受けた。


「プロでは個人成績がすべてでしたが、今はチームメートから技術的なことを聞かれれば隠さず教えるし、手本を見せます。もちろん、道具や設備は比較にならない。ボールなんて、プロではありえないくらい使い込まれている。だけど、そういうものに触れて、道具を大事にするという原点に立ち返れた。人間として少しだけ成長できたように思います」


撮影■杉原照夫


※週刊ポスト2016年4月8日号

NEWSポストセブン

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ