ミラン会長が「ドンナルンマは売らない」と断言。”目先の金より将来”を選択

4月1日(金)8時12分 フットボールチャンネル

 ミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長が、移籍が噂される17歳のU-21イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマについて言及した。3月31日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 ドンナルンマに関してはチェルシーが興味を示しており、ティボー・クルトワの動向次第で獲得に乗り出す可能性が報じられていた。また、4000万ユーロ(約50億円)以上のオファーが届かない限り交渉しないとも報じられている。

 だが、ベルルスコーニ会長は「ジャンルイジ・ドンナルンマは販売しない。彼は今後、15年間はミランのゴールキーパーとなるだろう」と語り、売却する可能性をきっぱりと否定した。

 ドンナルンマは16歳の若さでセリエAデビューし、正守護神だったディエゴ・ロペスに代わって主力の座を掴み取った。今季は公式戦22試合に出場しており、6位につけるミランにとって唯一の希望でもある。財政状況が厳しいミランにとって移籍金獲得も必要なことだが、将来有望な選手を手放す考えはないようだ。

フットボールチャンネル

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ