FC東京、“Jの天敵”ムリキを獲得。ACLでは日本勢から計10得点

4月1日(金)11時43分 フットボールチャンネル

 J1リーグのFC東京は1日、ブラジル人FWムリキを獲得したことを発表した。契約期間は2016年3月25日から2016年12月14日までの期限付き移籍、背番号は「11」となる。

 ムリキはカタールのアル・サッドに所属していたが、今年2月にトップチームからの除籍が発表され実質フリーの身となっていた。2010年7月から4年間に渡って中国スーパーリーグの広州恒大でプレーしたムリキは、ACLで通算38試合に出場して20得点を記録している。

 広州恒大時代には日本勢から計10得点を奪っており、まさに“Jリーグの天敵”といえる存在だった。中国では通算で78試合39得点を記録。2011年には中国リーグ得点王に輝き、3度のリーグ優勝も経験している。今季のカタールリーグでは11試合に出場して10得点を挙げていた。

 ムリキはFC東京のオフィシャルサイトで「日本のクラブとACLで対戦した時から、いつかは日本でプレーしたいと思っていました。」と述べ、新天地での意気込みを語った。

 FC東京は外国人枠が全て埋まっていたが、28日にスペイン人FWサンダサとの契約を解除し、1枠を確保していた。アジアでも実績のある強力ブラジル人アタッカーは、4年ぶりにACLを戦うFC東京の救世主となるだろうか。

フットボールチャンネル

FC東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ