巨人阿部が9回2死から劇的逆転サヨナラ3ラン 2試合連続弾で開幕2連勝!

4月1日(土)17時19分 フルカウント

9回に田島から自身7本目のサヨナラ弾、中日・森新監督は初勝利ならず

 巨人は1日、阿部慎之助内野手の2試合連発となる劇的な逆転サヨナラ3ランで4-2で開幕2連勝を飾った。中日は先発の左腕ラウル・バルデス投手が6回1/3を4安打1失点の快投。チームの今季初本塁打となる先制弾も放つ大車輪の活躍を見せ、森繁和新監督の初勝利にあと1アウトまで迫ったが、守護神・田島が痛恨の一発を食らった。

 試合は序盤から中日バルデス、巨人田口の両先発投手が好投。均衡を破ったのは、バルデスのバットだった。3回1死走者なしで打席に立つと、真ん中高めへのスライダーを捉えた。打球は右翼スタンドへ飛び込み、チーム1号の先制弾に。バルデスは昨年も1本塁打を記録しており、2年連続本塁打となった。

 中日は4回にも2死から藤井が出塁。続く堂上がライトへのタイムリーツーベースを放ち、貴重な追加点を奪った。

 巨人は4回、2死満塁のチャンスを作るも、小林は空振り三振。バルデスが踏ん張る。一方、巨人は6回からドラフト3位・谷岡が登板。2イニング目の7回に中日が1死満塁の絶好機を作ったが、ゲレーロは捕ゴロ併殺打で追加点を奪えない。

 バルデスは6回まで無失点の好投。しかし、7回には2本のヒットと四球で1死満塁のピンチを招く。中日はここで又吉が登板。坂本勇は空振り三振に仕留めるも、阿部にはストレートの四球で押し出しとして、1点差に迫られる。しかし、続くマギーはフルカウントからの8球目で遊ゴロに打ち取り、リードを守った。

 中日は8回は祖父江が無失点に抑えるも、巨人が9回に守護神の田島を捉える。1死から代打として今季初打席に立った村田の執念のヒットなどで2死一、二塁とチャンスを作り、阿部が左翼スタンドへの逆転サヨナラ3ラン。4-2と試合をひっくり返した。頼れる4番の自身7本目のサヨナラ本塁打で、開幕2連勝を飾った。

フルカウント

「サヨナラ」のニュース

BIGLOBE
トップへ