一般公道での扱いやすさにこだわったスズキ「GSX-S750 ABS」

4月1日(土)13時0分 J-CASTニュース

グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック

写真を拡大

スズキは、ストリートスポーツバイクの新型モデル「GSX-S750 ABS」を2017年3月30日に発売した。16年10月にドイツ・インターモトで発表したモデルで、低く構えたアグレッシブなスタイリングやスーパースポーツバイク「GSX-R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りが持ち味だという。

一般公道での扱いやすさにこだわり、高出力の749cm3直列4気筒エンジンを搭載し3段階からセレクト可能なトラクションコントロールやラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用。



また、発進・停車を繰り返す市街地での走行の操作性を向上する「ローRPMアシスト」や、ワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」も装備した。



デザインでは躍動感あふれるラインと、牙をモチーフにしたポジションランプを備えヘッドランプスタイル、スポーティーな印象のペータルブレーキディスク、力強さを感じさせるテーパー形状のハンドルバーを搭載している。



車体色は黒/青「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、赤「パールミラレッド」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の3カラーをラインアップ。



メーカー希望小売価格は96万9840円(税込)。

J-CASTニュース

スズキをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ