左足手術でリーグ2試合欠場のノイアー、CLレアル戦はプレー可能か

4月1日(土)18時18分 サッカーキング

左足のケガで離脱しているノイアー [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 左足の手術を受けたことが発表されたバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーだが、レアル・マドリードと対戦する12日のチャンピオンズリーグ(CL)ファーストレグには間に合いそうだ。スペイン紙『マルカ』が3月31日付で伝えている。

 ノイアーはトレーニング中の負傷により、3月29日に左足の簡易な手術を受けた。バイエルンからは、1日のブンデスリーガ第26節・アウクスブルク戦と4日の第27節・ホッフェンハイム戦の2試合を欠場する見込みであることが発表されている。同紙によると、カルロ・アンチェロッティ監督は8日に開催される第28節・ドルトムント戦、12日のCLで同選手がプレーできると確信しているようだ。

「ノイアーはドルトムント戦、レアル・マドリード戦でのプレーに向けて準備している。彼はつま先に小さな問題を抱えていたが、CL準々決勝ファーストレグでのプレーは問題ない」

 また、同監督はひざのケガでアウクスブルク戦を欠場予定のブラジル代表MFドウグラス・コスタについても同様に、CLでのプレーが可能であるとの見解を示した。

「我々は彼が来週にはチームとともに練習できると信じているよ。彼についてもレアル戦でのプレーは問題ないと確信している」

サッカーキング

手術をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ