大分、林のロスタイム弾でドローに持ち込む…愛媛は追いつかれるも連敗止める

4月1日(土)16時17分 サッカーキング

 2017明治安田生命J2リーグ第6節が1日に行われ、大分トリニータと愛媛FCが対戦した。

 後半に入り65分、近藤貴司、小池純輝とつなぐと、小池のクロスに西田剛が飛び込み、アウェイの愛媛が先制する。追いかける大分は後半アディショナルタイム、途中出場の岩田智輝が右サイドからクロスを送ると、混戦の中でボールを収めた林容平がゴールに押し込み、土壇場で追いつく。

 試合は1−1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

 次節、大分はアウェイでモンテディオ山形と、愛媛はホームでロアッソ熊本と対戦する。

【スコア】
大分トリニータ 1−1 愛媛FC

【得点者】
0−1 65分 西田剛(愛媛)
1−1 90+5分 林容平(大分)

サッカーキング

大分をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ