野球賭博のハンデ 弱者に張っても勝てると思える絶妙な設定

4月1日(水)7時1分 NEWSポストセブン

 まぶしいライトに輝くグラウンドの陰で、今も裏社会に存在する野球賭博。『週刊ポスト』編集部が入手したリストには、詳細な戦力分析と試合に関係する「数字」が書かれていた。禁断のデータは、今期のペナントレースをどう予測しているのか。


 リストを見ると、今年の開幕3連戦(3月27日〜29日)の各カードに、矢印とともに「1.8」「0.2」などの数字が振られている。野球賭博の現場をよく知るというX氏が解説する。


「この数字こそが、野球賭博で最も重要となる『ハンデ』です。例えば巨人−横浜なら、大半の人は巨人が勝つと思うでしょうし、実際そうなることが多いから、胴元が実力差のあるカードの度に損をしてしまう。それを防ぐために片方に賭けが集中しないようにする仕組みです」


 当然ながら弱いと見られる側にハンデが加点される。


 例えばAチームからBチームに1.2のハンデが出たとする(A 1.2→B)。このハンデの数字と、試合の得点差によって動く金額が決まる。


 点差からハンデを引いた結果、1点以上の差がついていれば文句なく勝ちとなるが、1点未満になった場合は、その小数点以下の数字に従って配当金が割り引きして支払われる。


 客がA勝利に10万円を張った場合で考えてみよう。Aが3点差で勝った場合、3-1.2=1.8となり、1点以上の差がつくので客は10万円の丸勝ちになる。Aが2点差で勝った場合は、2-1.2で0.8の勝ち。Aに張った客の勝ちになるが、儲けは賭け金の80%の8万円に減額される。


 同じ理屈で、Aが1点差の勝利なら、1-1.2でマイナス0.2。客は負けになるが、負け金額は20%の2万円で済む。試合が引き分け、または負けなら、全額の10万円を取られてしまうことになる。


(※勝った客はテラ銭=手数料として勝ちの1割、10万円の丸勝ちの場合は1万円が引かれる。つまり3点差以上勝利の場合でも、客の儲けは9万円になる)


 ハンデが小数点以下を持つ数字になっているのは、張り客と胴元が引き分けにならないようにする工夫だ。高校野球では3点、4点というハンデが設定されることもあるが、プロ野球では細かく0.1点単位で出され、2点以下になることが多い。


 X氏によれば「“このハンデなら弱いチームに張っても勝てる”と思わせる絶妙な数字を設定するのがポイント」という。これを決めるのが「ハンデ師」と呼ばれる人物である。


 X氏によれば、それぞれの胴元には優秀なハンデ師が何人もいるという。


「ハンデ師は毎試合ごと、先発投手が発表された時点で、戦力比較や相性などを考慮して新たなハンデを切っていく。叩き台となる数字は、複数のベテランハンデ師が張り客となってシミュレーションする。10人のハンデ師がいたとして、試合予想が5対5になるハンデを作る。


 野球賭博の世界では各胴元が勢力の大きさに準じたピラミッドを形成している。そうした叩き台のハンデは大胴元と呼ばれるトップ組織から末端のハンデ師に流す。あとはそれぞれが独自の情報を加味して、最終的なハンデを設定する」(X氏)


※週刊ポスト2015年4月10日号

NEWSポストセブン

「賭博」をもっと詳しく

「賭博」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ