オープン戦最下位…巨人30億円大補強が生んだ「チーム崩壊」(3)メジャー移籍を示唆する菅野

4月2日(日)17時56分 アサ芸プラス

 日本ハムからトレードで移籍してきた吉川光夫(28)も、3月19日の西武とのオープン戦に先発して6回4失点と精彩を欠き、開幕ローテーションは赤信号。

「首脳陣の頭の中には、山口俊と吉川で20勝はできるという計算があったが、もろくも崩れ去った。ベテラン左腕の内海哲也(34)、杉内俊哉(36)も調子が上がってこない。杉内自身も体の衰えを自覚し、『今年が最後になると思う』と弱音を吐いています。昨年、セーブ王のタイトルを獲得した澤村拓一(28)も、右肩痛で長期離脱の可能性が高い。山口鉄也(33)は勤続疲労が原因で不調に。計算できるのは菅野智之(27)とマイコラス(28)くらい」(球界関係者)

 WBCの準決勝、アメリカ戦で好投した菅野は、3月31日の中日戦での開幕登板が濃厚だが、こんな本音をこぼしていたという。

「準決勝敗退後のインタビューで『今日は人生をかけるくらいの気持ちでマウンドに上がった』と語りましたが、報道陣がいないところで『由伸さんにはついていきたくない』と漏らしていた」(NPB関係者)

 もちろん、高橋由伸監督(41)のことである。WBCでの好投で、メジャースカウトの菅野への評価は急上昇。菅野自身もカブスの上原浩治(41)を引き合いに出し、「上原さんは30歳を過ぎて挑戦して、成功した」と周囲に語るなど、海外FA権取得による移籍を視野に入れているという。

 そんな巨人は、野球賭博により、昨年3月に1年間の失格処分を受けた高木京介(27)の処分期間が満了。NPBに復帰申請書と意見書を提出し、コミッショナーの判断を待っている。

「そもそも処分が下される時から、復帰は密約的に進められていた。申請が認められれば、高木と育成選手契約を結ぶ方針です。もし巨人で戦力として使えるようなら、それはそれでいい。左の中継ぎは貴重だから。ダメならトレードという選択肢になる。リリーフ陣が手薄な楽天が当初から欲しがっていたから」(前出・球界関係者)

 投打ともに大きな不安を抱えて開幕戦を迎える巨人だが、広岡氏は高橋監督にエールを送ったという。

「この間、高橋とマネージャーを自宅に呼んだんですよ。それで私は『一度クビになったら、二度とユニホームを着ることができないぞ。だから後悔しないように、巨人軍の監督としての責任と自覚、強い信念を持ってしっかり取り組みなさい』と伝えましたよ。高橋は『1年目は遠慮している部分もあったけど、2年目はそれなりにやろうと思う』と言っていました」

 指揮官はチーム状態を立て直し、ペナントレースでは「それなり」の采配で浮上できるか──。

アサ芸プラス

「オープン戦」をもっと詳しく

「オープン戦」のニュース

BIGLOBE
トップへ