マンUから米移籍のシュバイニー、新天地デビュー戦でいきなりの初ゴール

4月2日(日)16時24分 フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドから北米メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーへ移籍した元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーは、現地時間1日に行われた試合に初出場していきなりの初ゴールを記録した。

 ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督のもとで出場機会を失っていたシュバインシュタイガーは、先月21日にシカゴ・ファイアーへの移籍が決定。1日のモントリオール・インパクト戦に先発して初出場を果たした。

 前半17分には右からのクロスに強烈なヘディングで合わせ、早くも新天地での初ゴールを記録。試合は最終的に2-2のドローに終わっている。

「素晴らしい気分だ。完璧なクロスだったよ」と試合後のシュバインシュタイガーのコメントを『CSNシカゴ』が伝えている。「勝ち点1の獲得だったが、(逆転されたあと)とても良いリアクションを起こすことができた。引き分ける資格はあったと思う」

 バイエルン・ミュンヘンやドイツ代表で長年活躍したシュバインシュタイガーはまだ32歳。ユナイテッドでは苦しい時期を味わったが、アメリカでまだまだ活躍を見せてくれそうだ。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ