ロッテ、今季初先発の平沢が同点打 開幕2試合で不調だった打線が繋がる

4月2日(日)14時34分 フルカウント

平沢が東浜からセンター前へタイムリー

 ロッテが試合を振り出しに戻した。2日のソフトバンク戦。2点をリードされて迎えた5回、開幕2試合で低調だった打線が、ようやく繋がった。

 先頭の鈴木が右前安打、ダフィーが四球を選ぶと、井上も中前安打で続き、無死満塁のチャンスを作る。田村の二ゴロの間にまず1点。さらに、遊撃手で今季初先発した期待の2年目・平沢が、東浜から中前へとはじき返すタイムリーを放って同点に追いついた。

 3月31日、4月1日の開幕2試合は、1点ずつしかあげられずに連敗。得点力不足にあえいでいた攻撃陣が、ようやく奮起した。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ