日ハム大谷、開幕3戦目で今季1号 左翼への一発は「芯こすりみたいな感じ」

4月2日(日)15時7分 フルカウント

4回に同点弾「上がりすぎましたけれど、入って良かったです」

 日本ハムの大谷翔平が2日、西武戦で今季1号の同点ソロを放った。

 1点を先制された直後の4回。1死走者なしで打席に立つと、西武先発ウルフの外角から入ってくるカーブをフルスイング。高々と上がった打球はレフトスタンドの最前列に飛び込んだ。

 3試合目で待望の今季1号。大谷は「カーブです。すぐに追い付くことができて良かったです。(バットの捉えた感じは)芯こすりみたいな感じです。(打球が)上がりすぎましたけれど、入って良かったです」とコメントした。足首の故障で、開幕から打者に専念する二刀流が、強烈な存在感を見せている。

フルカウント

日ハムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ