ソフトB東浜、今季初先発での白星逃す 「6回の四球、それが全てです」

4月2日(日)15時44分 フルカウント

2点のリードを守れず、「調子も良かったですが…」

 ソフトバンクの東浜巨投手が、今季初先発での白星を逃した。開幕ローテをつかんだ右腕は2日のロッテ戦で先発。2点のリードをもらったものの、5回、6回に連続で失点し、試合をひっくり返された。

 4回までロッテ打線に1本の安打も許さない投球を見せていたが、5回に捕まった。先頭の鈴木に右前安打、続くダフィーに四球を与えると、井上にも中前安打。無死満塁から内野ゴロの間に1点を返され、平沢には中前への同点適時打を浴びた。

 6回は先頭の清田を2ストライクと追い込みながら、そこから四球。鈴木に右翼フェンス直撃の安打を浴びると、ダフィーに勝ち越しの中犠飛を許した。6回4安打3四球で3失点。6三振を奪ったが、無念の降板となり「調子も良かったですが、6回の四球、それが全てです」とコメントした。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

フルカウント

「四球」をもっと詳しく

「四球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ