中美慶哉の2発で金沢が快勝、今季初勝利…群馬は泥沼の開幕6連敗

4月2日(日)14時54分 サッカーキング

J2第6節で金沢と群馬が対戦した

写真を拡大

 明治安田生命J2リーグ第6節が4月2日に行われ、ツエーゲン金沢とザスパクサツ群馬が対戦した。

 開幕5試合を終えてともに未勝利、2分け3敗の金沢と5連敗の群馬が対戦。前半はホームの金沢が攻勢をかけて多くのシュートを放ったが、得点には至らず。スコアレスでハーフタイムを迎えた。

 0−0で迎えた後半、均衡を破ったのはホームの金沢だった。58分、ペナルティーエリア右側でバックパスを受けた群馬GK牲川歩見が左サイドへパスを出すと、エリア内でプレスをかけていた中美慶哉にカットされ、そのままゴールへ。ミスを突いた金沢が先制に成功した。

 さらに2分後、金沢の佐藤洸一が最終ラインの背後へ抜け出し、中美へラストパス。中美は冷静に右足で押し込み、2点目を決めた。試合は2−0で終了。金沢が今季初勝利を収め、群馬は開幕6連敗となった。

 次節、金沢は8日にファジアーノ岡山とアウェイで対戦。群馬は同日、敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦する。

【スコア】
ツエーゲン金沢 2−0 ザスパクサツ群馬

【得点者】
1−0 58分 中美慶哉(ツエーゲン金沢)
2−0 60分 中美慶哉(ツエーゲン金沢)

サッカーキング

金沢をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ