「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?

4月2日(月)16時1分 NEWSポストセブン

再結成時の馬場・猪木の“BI”砲(1979年)

写真を拡大

 今年は新日本プロレスと全日本プロレスが旗揚げ40周年を迎える。プロレスは戦後日本文化の象徴の一つとなっているが、1962年にはプロレスを見ていた老人視聴者がショック死するなど、世間を揺るがしたプロレス事件簿も多い。


 そうした事件簿のひとつが、「夢のオールスター戦」(1979年8月)だ。


 ソニーから「ウォークマン」が発売されたこの年、新日本プロレスと全日本プロレスの興行戦争が激化するなか、東京スポーツの主催で馬場・猪木の“BI”砲が再結成、アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン組との対決が実現した。


 プロレス記者歴半世紀の門馬忠雄氏いわく、「日本プロレス史上もっとも盛り上がった大会」であった。


撮影■木村盛綱


※週刊ポスト2012年4月13日号

NEWSポストセブン

プロレスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ