アーセナル、チェルシーなどプレミア複数クラブでドーピング発覚か!? 元医師が主張

4月3日(日)20時42分 フットボールチャンネル

 プレミアリーグの複数クラブの間でドーピング疑惑が浮上していると、英紙『ザ・タイムズ』が報じた。

 今回名前が挙がったのは、アーセナル、チェルシー、レスター・シティ、チャンピオンシップ(2部)のバーミンガム・シティの4クラブ。元医師のマーク・ボナー氏が、タイムズ紙による調査のもと明かしている。

 これに対して、英国アンチドーピング機関は「タイムズ紙の主張にはひどく心配しており、ショックを受けている」との声明を発表している。

 アーセナルは「根拠のない誤った主張を残念に思う」と否定し、チェルシーも「我々の選手は彼の診療にかかったこともなく、情報や記録はない。選手は常に厳密な検査を受けている」と検査の正当性を主張している。

フットボールチャンネル

イギリスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ