日ハムのレアードが勝ち越し1号3ラン! ベンチ前で何度も“寿司パフォ”

4月3日(日)16時26分 フルカウント

昨季34本塁の助っ人に待望の一発、栗山監督の期待に応える

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が3日、勝負強さを見せつける勝ち越し弾を放った。

 ソフトバンク戦(東京ドーム)に「7番・三塁」でスタメン出場。同点の6回2死一、二塁。武田の高めに浮いた直球を詰まりながらもフルスイング。フラフラッと上がった打球は右翼席に吸い込まれた。勝ち越し1号3ラン。自軍ベンチ前では何度も寿司を握るパフォーマンスを見せた。

 来日1年目の昨季はチームトップの34本塁打をマーク。試合前に、栗山監督は「逆方向へ大きいのを打ってくれればな」と期待していたが、すぐに結果で出して見せた。

フルカウント

「寿司」をもっと詳しく

「寿司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ