マインツ、3連敗で降格圏迫る…下位に敗れ15位転落、武藤は出番なし

4月3日(月)5時16分 サッカーキング

マインツはインゴルシュタットに敗れて今季2度目の3連敗を喫した [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第26節が2日に行われ、インゴルシュタットとFW武藤嘉紀の所属するマインツが対戦した。武藤は3試合連続のベンチスタートとなった。

 2連敗で徐々に降格圏が迫るマインツ。今節、17位に沈むインゴルシュタットに敗れると15位まで転落する可能性があるだけに、4試合ぶりの勝利を収めたいところ。

 しかしマインツは開始10分、ホームのインゴルシュタットに先制点を許してしまう。左CKから中央のロマン・ブレジュリーにヘディングシュートをゴール左上隅に決められた。その後は両チームともチャンスを作るが、スコアは動かないまま前半終了を迎えた。

 1点ビハインドで折り返したマインツは71分に追い付く。左サイドからのFKでレヴィン・エズトゥナリがエリア内にボールを供給。これがゴール前の相手DFマーヴィン・マティプに当たり、そのままGKの股を抜いてゴールに吸い込まれた。

 だが同点ゴールもつかの間の73分、インゴルシュタットは敵陣中央で早いリスタートから右サイドに展開。フロラン・ハデルジョナイが中央へクロスを送ると、このボールがそのまま左ネットを揺らして、すぐさま勝ち越しに成功した。

 再びリードを許したマインツは同点ゴールを狙うが、反撃は実らないまま1−2で敗戦。3連敗を喫し、昇降格プレーオフ目前の15位に転落した。なお、ベンチスタートの武藤は5試合ぶりに出番なしとなった。

 インゴルシュタットは次節、5日にアウェイで日本代表FW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクと対戦。マインツは同日にライプツィヒをホームに迎える。

【スコア】
インゴルシュタット 2−1 マインツ

【得点者】
1−0 10分 ロマン・ブレジュリー(インゴルシュタット)
1−1 71分 オウンゴール(マーヴィン・マティプ)(マインツ)
2−1 73分 フロラン・ハデルジョナイ(インゴルシュタット)

サッカーキング

マインツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ