ネイマールがバルサでの100得点を達成「チームメイトに捧げるゴール」

4月3日(月)11時16分 サッカーキング

偉大な記録を達成したネイマール [写真]=Aitor Alcalde/Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第29節が2日に行われ、グラナダとバルセロナが対戦した。この試合でバルセロナのブラジル代表FWネイマールが、クラブでの公式戦通算100得点を達成。クラブのオフィシャルTV『バルサTV』で喜びを語っている。

 ネイマールは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFラフィーニャとともに3トップを組んでグラナダ戦に出場。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを出場停止で欠いたバルセロナだったが、44分にスアレスが先制点を奪うと、後半にはスペイン代表FWパコ・アルカセルの右足シュート、そして相手のオウンゴールで追加点を挙げた。後半アディショナルタイム1分にはネイマールがダメ押しとなるゴールを決めて、4−1で勝利。この得点がネイマールにとって、バルセロナ加入後の公式戦通算100得点目となった。

 2013年5月にサントスから加入した現在25歳のネイマールは、ここまでバルセロナで公式戦通算177試合に出場。同クラブでプレーしたブラジル人選手は過去に、元同国代表FWリヴァウド氏(130ゴール)、同FWエヴァリスト・デ・マセド氏(105ゴール)が100得点を達成しており、ネイマールはブラジル人選手としてクラブ史上3人目の記録達成となった。チームの攻撃の軸である“MSN”のメッシも497ゴール、スアレスも114ゴールと、すでに100得点に到達している。

 試合後ネイマールは「記録を達成できてとても嬉しい。今夜のゴールはいつも僕を助けてくれるチームメイトに捧げたい」と喜びのコメント。「試合に勝利できたことが何より重要。100回のゴールはどれも大切な思い出で、ベストゴールを一つに絞るのは難しいけれど、強いて選ぶとすれば(2013年8月21日の)スーペルコパでのデビューゴールかな」と振り返った。

 100得点の内訳は、リーガ・エスパニョーラで64ゴール、チャンピオンズリーグで21ゴール、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で14ゴール、スーペル・コパで1ゴールとなっている。

サッカーキング

「ネイマール」をもっと詳しく

「ネイマール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ