痛恨ミスで先制点許したミラン守護神「上を向いて、前へ進んでいく」

4月3日(月)23時3分 サッカーキング

痛恨のミスでペスカーラに先制点を許したドンナルンマ(写真はユヴェントス戦) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第30節が4月2日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイで最下位ペスカーラと対戦。1−1と痛恨の引き分けに終わった。

 バックパスの処理を誤り、先制点を与えるきっかけとなってしまったミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、試合後に『Milan TV』のインタビューに応じた。

 ドンナルンマは「オウンゴールのミスは残念でならない。しかし自分は上を向いて、前へ進んでいく」と切り替えを強調。以下のように続けた。

「自分を打ちのめすようなミスではないんだ。チームはまとまっている。上を向き、これからの試合のことを考えていきたい。次のパレルモ戦を考えている。これからの全ての試合が決定的な戦いだ」

 ミランはセリエA第30節を終えて勝ち点「54」の7位。次節は9日、パレルモをホームに迎える。

サッカーキング

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ