シュヴァインシュタイガーがMLS初ゴールに喜び「最高のクロスのおかげ」

4月3日(月)17時15分 サッカーキング

鮮烈なMLSデビューを飾ったシュヴァインシュタイガー [写真]=Dylan Buell/Getty Images

写真を拡大

 シカゴ・ファイアーに移籍した元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが4月1日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)デビュー戦となったモントリオール・インパクト戦で初ゴールをマーク。試合後に喜びのコメントを残し、大手メディア『ESPN』が伝えている。

 先月21日にマンチェスター・Uから加入したシュヴァインシュタイガーは先発出場。開始17分には右サイドのデイヴィッド・アカムからのクロスに、ゴール前でヘディングシュートを叩き込み、鮮烈なデビューを飾った。その後シカゴ・ファイアーは61分に同点ゴールを許し、両チームに退場者が出て迎えた90分には逆転ゴールも献上。しかし、後半アディショナルタイム3分にルイス・ソリニャクが劇的な同点弾をマークし、勝ち点1を分け合う結果となった。

 試合後、シュヴァインシュタイガーは自身のMLS初得点を振り返り「デイヴィッドからの最高のクロスのおかげだ。良い気分だよ」と喜びを噛み締めた。一方で白星を上げられなかったことについては「勝てなかったことで寂しさも入り混じっているけれどね」とコメントし、悔しさを滲ませた。

「チームに合流したばかりだから、もちろん難しさもあった。でもしっかりと準備をして臨むことができた。ここでのトレーニングにはすごく満足しているよ。でもこれからはもっとフィジカル面を万全な状態にして、試合に全てのエネルギーを注げるようにしたい」。

 指揮官のヴェリコ・パウノヴィッチ監督も「デビュー戦で得点できる彼は、やはり素晴らしい。我々にとっても重要な意味を持つゴールだった。彼はこれまでチームが求めていたものを全て持っている」と絶賛し、今後の活躍にさらなる期待を寄せた。

 現在7位につけるシカゴ・ファイアーは、8日の第5節で首位に立つコロンバス・クルーと対戦する。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ