チェルシー相手に逆転ゴールを決めたFWベンテケ「皆を誇りに思う」

4月3日(月)16時46分 サッカーキング

逆転ゴールを決めたベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 クリスタル・パレスに所属するベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが、1日に行われたプレミアリーグ第30節のチェルシー戦で逆転ゴールを決め、「サポーターや選手皆を誇りに思う」とコメントを残している。1日にクラブ公式サイトが伝えた。

 スタンフォード・ブリッジで10連勝中と、ホームで無類の強さを見せるチェルシーと対戦したクリスタル・パレスは開始早々の5分に先制点を奪われる。しかしわずか4分後にコートジボワール代表MFウィルフレッド・ザハがゴール。さらに2分後にはベンテケがゴール前で相手GKとの1対1を冷静に決めて、試合をひっくり返した。わずか2分で逆転を果たしたクリスタル・パレスはそのまま前半を終え、後半も粘り強く守り、2−1で勝利を収めた。

 逆転ゴールを決めたベンテケは試合後のインタビューで「僕たちは皆自信を持っている。今日の皆のプレーは信じられないものだった。運もあったかもしれないが僕たちの今日のプレーは勝利に値するものだったね」と答えた。

 さらに「僕たちは4連勝を果たした。それは嬉しいことだがまだリーグ戦は長い道のりがある。これを続けなければならない。来週は2試合が予定されている。チームは本当に自信を持っているので、それを示しながら勝ち続ける必要があるんだ」とこれからの意気込みを語った。

 昨夏にリヴァプールから移籍を果たしたベンテケは、ここまでリーグ戦で27試合に出場して10ゴール2アシストを記録している。

サッカーキング

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ