首位バイエルンが圧勝、ドルトはドローで4位転落/ブンデス第26節

4月3日(月)17時14分 サッカーキング

首位バイエルン(左上)と2位ライプツィヒ(左下)が勝利、香川は1アシスト [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第26節が3月31日から4月2日にかけて各地で行われた。

 首位のバイエルンはアウクスブルクをホームに迎え、6−0と圧勝。リーグ戦で15試合負けなし、5連勝で首位を独走している。2位のライプツィヒはダルムシュタットに4−0と快勝。バイエルンとの勝ち点差は「13」のままとなっている。

 日本代表MF香川真司が所属する3位ドルトムントは、DF内田篤人が所属するシャルケとのダービーマッチに臨み、1−1と引き分け。香川は87分までプレーし、アシストを記録した。ドルトムントは勝ち点1を得るにとどまり、ホッフェンハイムと入れ替わる形で4位に転落している。

 日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンはホッフェンハイムに1−3と敗戦。原口は65分からピッチに立った。ハンブルガーSVの同DF酒井高徳もベンチスタートで、ケルン戦の70分から出場。2−1での勝利に貢献している。ケルンの日本代表FW大迫勇也は負傷によりベンチ外で、今シーズンのリーグ戦では初めての欠場となった。

 ボルシアMGと0−0で引き分けたフランクフルトの日本代表MF長谷部誠は欠場、インゴルシュタットに1−3と敗れたマインツのFW武藤嘉紀はベンチ入りしたものの、出場機会は訪れなかった。

■ブンデスリーガ第26節結果

ヘルタ・ベルリン 1−3 ホッフェンハイム
バイエルン 6−0 アウクスブルク
シャルケ 1−1 ドルトムント
ハンブルガーSV 2−1 ケルン
フライブルク 2−5 ブレーメン
ライプツィヒ 4−0 ダルムシュタット
フランクフルト 0−0 ボルシアMG
インゴルシュタット 2−1 マインツ
レヴァークーゼン 3−3 ヴォルフスブルク

■ブンデスリーガ第26節順位

1位 バイエルン(勝ち点66)
2位 ライプツィヒ(勝ち点53)
3位 ホッフェンハイム(勝ち点47)
4位 ドルトムント(勝ち点47)
==========CL==========
5位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点40)
6位 ケルン(勝ち点37)
==========EL==========
7位 フランクフルト(勝ち点37)
8位 フライブルク(勝ち点35)
9位 シャルケ(勝ち点34)
10位 ボルシアMG(勝ち点33)
11位 レヴァークーゼン(勝ち点32)
12位 ブレーメン(勝ち点32)
13位 ヴォルフスブルク(勝ち点30)
14位 ハンブルガーSV(勝ち点30)
15位 マインツ(勝ち点29)
========入れ替え戦========
16位 アウクスブルク(勝ち点29)
==========降格=========
17位 インゴルシュタット(勝ち点22)
18位 ダルムシュタット(勝ち点15)

サッカーキング

「バイエルン」をもっと詳しく

「バイエルン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ