レアルのターゲットはアザールとデ・ヘア…モラタを差し出す計画も

4月3日(月)16時37分 サッカーキング

移籍が噂されるアザール(左)とデ・ヘア(右) [写真]=Getty Image

写真を拡大

 レアル・マドリードが、ベルギー代表MFエデン・アザール(チェルシー)とスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)の獲得に向けて準備を進めているようだ。イギリス紙『メトロ』が2日付で報じている。

 同紙によると、リーガ・エスパニョーラ第29節終了時点で首位に立っている同クラブは今夏の移籍市場で積極的に動く予定であり、連日各メディアで伝えられているようにメインターゲットはアザールとデ・ヘアで間違いないようだ。

 また、デ・ヘア獲得が困難な場合、アザールの同僚であるベルギー代表GKティボー・クルトワに照準を定めるプランもあるという。さらに、アザール獲得のためにスペイン代表FWアルバロ・モラタをトレード移籍の一部として差し出す準備も行っていると、同紙は続けて報じた。

 最後に同紙は、チェルシーがアザールへ週給30万ポンド(約4200万円)の新契約を準備していると伝えているが、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督はどうしても同選手をチームに加えるつもりであると締めくくっている。

サッカーキング

「レアル」のニュース

BIGLOBE
トップへ