ミラン、痛恨のOGで最下位ペスカーラを相手にドロー…本田は出番なし

4月2日(日)23時56分 サッカーキング

同点弾を決めたミランのパシャリッチ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第30節が2日に行われ、ペスカーラと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦した。

 開始12分、ジャンルカ・カプラーリが積極的にプレッシャーをかけると、ガブリエル・パレッタのバックパスがGKジャンルイジ・ドンナルンマをすり抜けてそのままゴールイン。思わぬ形からペスカーラが先制に成功する。追いかけるミランは41分、ジェラール・デウロフェウが得意のドリブルで左サイドを突破しシュートを放つ。一度はGKヴィンツェンツォ・フィオリッロに阻まれたが、カルロス・バッカがこぼれ球を拾うと、最後はマリオ・パシャリッチが蹴り込み同点に追いつく。

 後半に入り58分、ペスカーラはチェザーレ・ボヴォが強烈なFKで狙ったがゴールならず。さらに73分にはアフマド・ベナーリが角度のないところから右足を振り抜くも、ドンナルンマの好セーブに阻まれる。一方のミランは85分、途中出場のジャンルカ・ラパドゥーラのクロスにアレッシオ・ロマニョーリが頭で合わせたが、惜しくもポストを叩いた。

 試合は1−1で終了。ペスカーラは連敗を4でストップ。対するミランは連勝とはならなかった。なお、ベンチに入った本田に出番なしに終わっている。

 次節、ペスカーラはアウェイでエンポリと、ミランはホームでパレルモと対戦する。

【スコア】
ペスカーラ 1−1 ミラン

【得点者】
1−0 12分 OG(ペスカーラ)
1−1 41分 マリオ・パシャリッチ(ミラン)

サッカーキング

最下位をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ