アザールがチェルシー残留を示唆「僕はここでとても満足している」

4月3日(月)11時56分 サッカーキング

チェルシー残留を示唆したMFアザール [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、クラブ残留を示唆するコメントを残した。2日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 アザールには、レアル・マドリードからのアプローチが報じられており、今夏に移籍するのではないかとも伝えられていたが、選手本人は残留をほのめかしている。1日のプレミアリーグ第30節クリスタル・パレス戦後、インタビューで次のようにコメントした。

「何も言うことはないよ。僕はできるだけいいプレーをするだけだ。それだけだよ。僕はここでとても満足している。契約は2020年まである。何も問題はない」

 今シーズンのアザールは驚異的なパフォーマンスを披露しており、チェルシーをリーグ制覇へ向けて牽引。リーグ戦ではここまで27試合に出場して11ゴール5アシストを記録している。

サッカーキング

ベルギーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ