ペップ、夜遊び報道のメンディに苦言「私は彼の父親ではない」

4月3日(水)11時16分 サッカーキング

ケガからの復帰を目指すメンディ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、フランス代表DFバンジャマン・メンディに苦言を呈した。2日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ひざの負傷から復帰に近づいているメンディだが、自身が欠場した3月30日に行われたプレミアリーグ第32節フラム戦の当日にマンチェスターのナイトクラブで翌日の朝方まで遊んでいたことが話題になっている。

 この報道にグアルディオラ監督は、「彼は何をするべきか判断しなければいけない年齢だ。私は彼の父親ではない。彼が早く寝ることを望んでいるが、そのようなところまで選手をコントロールすることはできない」と生活の改善を促した。

 2017年7月にモナコからマンチェスター・Cに加入した現在24歳のメンディは、昨シーズンは右ひざ前十字じん帯を断裂し長期離脱を余儀なくされると、今シーズンも左ひざを負傷し離脱をするなど、ここまで加入後公式戦わずか20試合にしか出場できていない。復帰に近づいていることが伝えられている同選手だが、果たしてグアルディオラ監督の信頼を回復し、試合に出場することはできるのだろうか。

サッカーキング

「夜遊び」をもっと詳しく

「夜遊び」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ