「腹切りインテル」。伊メディアが不甲斐ない敗戦を断罪。長友はキャリア初の一発レッド

4月4日(月)11時22分 フットボールチャンネル

 インテルは現地時間3日にセリエA第31節でトリノの対戦し、ホームで1-2の逆転負けを喫した。

 1-1で迎えた後半にブラジル代表DFミランダが2枚目のイエローカードを受けて退場すると、72分に日本代表DF長友佑都がエリア内でファールを犯してPKを献上。長友にはレッドカードが提示されて一発退場となり、PKも決められ逆転を許した。長友はこれがキャリア4回目の退場だが、一発レッドでの退場は初めてとなった。

 9人のインテルに追いつく気力はなく、3位ローマとは勝ち点8差に広がり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得はさらに難しくなった。

 この敗戦に、伊メディア『カルチョメルカート.com』は「腹切りインテル」と断罪。「目標であるCLはほとんど消えた」と、不甲斐ない戦いを厳しく批判した。なお、長友が退場となった判定には「疑問も多い」ともしている。

 次節、インテルはアウェイでフロジノーネと対戦する。

フットボールチャンネル

「長友佑都」をもっと詳しく

「長友佑都」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ